Arsnote Gallery
topic passはHomeの>Arsnote Galleryの>作品紹介の>1975-1984のページです.
Topics 作品紹介 ■制作プロセス ■作家紹介 

■作品紹介  1975-1985-1990-1995-2000-2005-2010-2015- 


● 1975-1984

 雲上   1976

雲を土で.... 信楽にて。
数種の部分型で多種のユニットを成形し、更に多様な構成へと展開.



 帰還   1979

遠くなった海,土で作る
信楽にて、実の土のタタラを型押し成型。
方陣に対応可能な、黄金比のモデュールを制作した.



 蒼壁   1980

蒼き山も望めなくなった. 信楽に行きタタラで造る.
流れは、その所在と運動を反転させる. 上下のない雌型と雄型.その界面の律動.
モデュールのもつ親和力の検証.

  長時間の高温焼成は、作品の力学的バランスを検証し、釉は重力を印す.




  双樹   1980
 Arsnote (Note of Designing Code)

 常温成形への初挑戦となった.



 アルペイオスの流れ 1983

止めようのないこの日常. 暑い屋根裏の部屋で明けても暮れてもプログラムの調整だ."Out of memory!" の繰り返し.暑さのための暴走.私より機械の方が疲弊しているようだ.当時のRAMのメモリー容量は,たった640Kbiteだ.

  あきらかな容量の不足.




 FIGURE 1984

アルゴリズムから解放され,自由につくる.脳の指向は実に気ままだ.

マケットの断面を拡大して原寸図に.そのときにしっかりとしたモデュール調整ができる.




■作品紹介  1975-1985-1990-1995-2000-2005-2010 

 

 


  Page Top

  BACK

arsnote.com メールマガジン.登録はこちらから.